マレーシア工場

ウエカツ工業マレーシア株式会社 
UEKATSU INDUSTRY(MALAYSIA) SDN. BHD.

 ウエカツ工業マレーシアは、ウエカツ工業グループの初の海外拠点として、2008年1月(平成20年)にマレーシアの北部に位置するスンガイペタニ市に設立され、同年8月には商業生産を開始しました。
 主要生産品目は、国内の電子事業部と同じ磁気ディスクドライブ(HDD)に使用されるアルミニウム基板です。
 需要地生産の考えより、関連事業が集中するマレーシアに工場を建設することにしました。日本とマレーシアの二拠点で生産することにより、需要変動が激しい当業界においてお客様のご要望に臨機応変に対応できる体制が実現いたしました。加えて国内と同じ機械設備を導入、原材料・加工方法・その他一切を日本と共通化いたしました。
 さらにマレーシアで採用したスタッフに対し日本で徹底した教育訓練を施し、日本からも多くの技術スタッフを派遣し『世界同時品質』実現の取組みを行っております。